頭皮マッサージは薄毛に効果なし!

頭皮マッサージで薄毛は治りません。

 

むしろ、逆効果です!

 

 

あらゆるメディアで育毛=マッサージ

 

ネットで『育毛』と検索すると『マッサージ』というキーワードがよく見られますよね。
育毛 マッサージテレビでも、薄毛にマッサージが効果的などとやっています。

 

博士みたいな人が出てきて、『マッサージでツボを押せば髪が生えます』とか、
場合によっては医者が出てきて『頭皮をマッサージすると血行を促進されるので髪の毛が生えてくるのは当然です』などと説明しています。

 

でも、そんなわけがありません。

 

 

マッサージで髪の毛が増えるわけがない!

 

マッサージをしたところで髪の毛は増えません。

 

今回は、マッサージは薄毛改善に効果がないことについて説明しています。

 

 

血行促進で薄毛が治るのか?

 

マッサージは何のためにするかというと、血行促進です。

 

血行促進で薄毛が治るのか?というと、答えはNoです。

 

血行促進で薄毛は治りません!
その理由について説明します。

 

AGAと血行は関係がない

 

そもそも、AGAは血行と全く関係がありません。

 

 

薄毛のほとんどはAGA(男性型脱毛症)

 

薄毛の男性はほぼAGAです。
円形脱毛症などは極少数です。

 

 

AGAの原因は遺伝とホルモン

 

AGAの原因は何かというと

  • 遺伝
  • ホルモン

 

 

血行促進はAGA治療では論外

 

マッサージで血行が促進されても、AGAの原因である遺伝とホルモンには影響を与えることはできません。

 

なので、血行促進はAGA治療には役に立ちません。

 

 

栄養がたくさん届けば髪が増える?

 

血行促進推進派の人たちの言い分は『血行促進で栄養が毛根にたくさん届くから』ですが、間違っていることを説明します。

 

 

髪の毛は細胞分裂で成長する

 

髪の毛は、毛根の奥にある毛母細胞が細胞分裂することで成長します。

 

細胞分裂を指示しているのは、成長因子です。
毛根の中に成長を指示する司令塔がいるというイメージです。

 

毛根の中の司令塔(成長因子)が「髪の毛伸びろ」と言うと髪の毛が伸びます。
「髪の毛の成長止まれ」と言うと止まります。
「抜けろ」と言うと抜けます。

 

 

髪の成長にはアミノ酸が必要

 

髪の毛を成長させるためには、材料が必要です。
材料とは、ケラチンタンパク質という一種のタンパク質です。

 

もう少し分解すると、アミノ酸が必要です。

 

 

栄養が余分に届いてもただ余るだけ

 

血行促進推進派の人たちは、『血行が促進されると、アミノ酸などの栄養素をたくさん毛根に運べるので髪の毛が増える』と主張します。

 

でも、司令塔(成長因子)が「髪の毛伸びろ」と指令を出していないのに、材料ばかりが届いても『余った材料どうするの?』ってことになります。

 

 

AGAは、「髪の毛の成長止まれ」「抜けろ」という信号を出す司令塔がM字やつむじの部分の毛根に増える現象のことです。

 

 

髪の成長を促す指示を出すことがもっとも必要

 

毛根に材料ばかりが届いても、司令塔(成長因子)が髪の毛を作るように指示を出さないと髪の毛は増えません。

 

筋肉と同じで、筋トレをしないでタンパク質ばかり摂っても筋肉は増えずに太るだけです。
筋トレや運動をすることで体がもっと筋肉が必要だと気付くから、摂取したタンパク質が筋肉に変わります。

 

髪の毛も、まずは司令塔が出す指示を変えることが最優先です。

 

 

そもそも頭皮には充分な血行がある

 

頭部には大きな動脈が5本通っている

 

髪の毛の栄養は、わざわざ血行を促進しなくても充分届いています。
もともと頭部に大きな動脈が5本も通っているから、何もしなくても血行は良い状態です。

 

 

頭皮をたたくのは痛いだけ!

 

マッサージだけじゃなくて、血行を良くするためにポンポンと頭皮を叩くのは痛いだけですので止めましょう。

 

叩きすぎて血が出たという話も聞きますが、逆効果ですよね。
傷口が炎症を起こして炎症性の脱毛症になってしまったら、余計にハゲてしまいます。

 

 

頭皮の血行を促進しても、薄毛には何の影響もありません!

 

 

頭皮マッサージには血行促進以外の育毛効果があるのか?

 

マッサージには、血行促進の他に何か髪の毛に良い効果があるのでしょうか?

 

マッサージについて調べてみましたが

 

マッサージの効果は科学的に証明されていない、ということが分かりました。

 

でも、マッサージによるリラックス効果というものはあります。

 

リラックス効果

 

オキシトシンが脳内で増える

 

マッサージは人の手に触れられることで『愛と幸せのホルモン』といわれるオキシトシンが脳内で増加することが実際の実験で観測されています。

 

オキシトシンが増えることでリラックスして気分が良くなる、ということはあります。
だから、『疲れが取れる』『痛みがなくなる』というのは、リラックス効果から来る精神的なものでしょう。

 

リラックス効果が髪の毛に影響を与えるかというと、全く影響ありません。

 

 

ストレスとAGAは無関係

 

リラックス効果でストレスが消えることで髪の毛に良い影響を与えるのではないか?というと、そんな事はありません!

 

髪の毛への影響なし

 

ストレスとAGAは全く関係がありません。

 

 

ストレスまみれでもフサフサの人はフサフサのまま

 

どんなにストレスまみれの生活をしている人でも、ハゲていない人はたくさんいます。

 

 

円形脱毛症の原因がストレスだと過去にいわれていた

 

薄毛の原因がストレスといわれるのは、過去に『円形脱毛症の原因がストレスである』と言われていたからです。

 

現在では、ストレスが円形脱毛症の直接的な原因ではない、ということが分かっています。
円形脱毛症の原因は、免疫機能の過剰反応です。

 

だから、ストレスのある なしに拘わらず、円形脱毛症は発症します。

 

 

ストレスが免疫異常の引き金になる場合も

 

円形脱毛症の患者の一部は、ストレスが引き金となって免疫機能の異常が起きた、と考えられるケースもあります。

 

だから、ストレスが薄毛の原因になるというのは100%違うとは言い切れませんが、個人的にはストレスを気にしてもしょうがないと思います。

 

ストレスを気にしても意味がない

 

ストレスゼロの人はいない

 

今の世の中にストレスゼロで生活している人はいませんよね。
明日からストレスを無くそう、と思っても無理です。

 

 

円形脱毛症は人口の1%台

 

円形脱毛症になる人の比率は人口の1〜2%程度です。

 

 

AGAは6割以上が発症

 

AGAの場合は

  • 40代:32%
  • 50代:44%
  • 60代:51%
  • 70代:61%

最終的には60%以上の男性がAGAになってしまいます。

 

 

『ストレスが薄毛の原因』は気にする必要なし!

 

AGAには、医学的根拠がある解決方法や予防方法があります。
こっちを気にしてください!

 

『ストレスが原因でハゲるかもしれない』からといってストレスを気にしていたら、そっちの方が余計ストレスになります。
ストレスゼロで生きるなんて不可能です。

 

ストレスが引き金となって免疫機能の過剰反応が起きて発症するかもしれない円形脱毛症というのは、人口のたった1%です。

 

ネットの情報で『ストレスが薄毛の原因』と書かれてありますが、気にしないでください。
薄毛の迷信です。

 

 

マッサージはストレスを減らさない

 

マッサージはストレスホルモンを減らさないと実証されている

 

『マッサージはストレスホルモンを抑制する効果がある』といわれていますが、嘘です。
2011年の論文によって実際には、マッサージでストレスホルモンを減らす効果はない、と否定されています。

 

円形脱毛症はストレスによって引き起こされるので『マッサージは薄毛を予防する効果がある』という意見も否定されます。

 

 

痛みの緩和、疲労回復

 

痛みの緩和や疲労回復は薄毛に関係しない

 

マッサージで痛みの緩和や疲労回復に効果があると言われますが、マッサージのリラックス効果が間接的に影響を与えている一種のプラセボ効果です。

 

 

痛みの緩和や疲労回復は薄毛に関係ない

 

もし仮にマッサージで痛みの緩和や疲労回復する作用があったとしても、これらは薄毛には関係ありませんよね。

 

頭皮が痛いわけではありませんし、頭皮が疲れているわけでもありません。

 

 

ツボ押し

 

マッサージの育毛効果でよく言われるのがツボですよね。

 

西洋医学的な根拠はない

 

ツボ押しは東洋医学なので、正直に言うとよく分かりません。
ただ、西洋医学的な根拠はほとんどありません。

 

ツボを押すことで、ホルモンが変化するとか遺伝子が変わるということはありません。

 

ツボについては、『気の流れ』などという話になってくるので、一種のオカルト的な要素も入ってきますから、気の持ちようの部分も大きくなります。

 

だから、ツボで薄毛が治るか?と聞かれたら、私は治らないと答えます。

 

 

マッサージで髪が増えるはずがない
マッサージは薄毛を治療するどころか、予防することもできません!

 

 

頭皮マッサージは薄毛に逆効果

 

頭皮マッサージをすると薄毛に逆効果になる、という事について説明します。

 

育毛シャンプーで薄毛が改善するというのは嘘でした!でも解説している内容ですので、参考にしてください。

 

 

頭皮の血行を阻害する実験

 

血行の阻害で薄毛が治った!

 

英国での過去の実験ですが、頭皮へ向かう血管を縛って血行を阻害した結果、薄毛が改善しました。

 

血行促進推進派の人には驚きの結果ですよね。

 

 

血行を阻害して薄毛が治る理由

 

薄毛の原因ホルモンは血管を通って毛根に届く

 

血行を阻害して薄毛が治った理由は、AGAのメカニズムさえ知っていれば当たり前のことです。

 

 

先ほど、髪の毛の毛根の司令塔が「髪の毛の成長止まれ」「抜けろ」と指示を出すという話を書きました。

 

その司令塔がどこから生まれるのかというと、悪玉ホルモンから生まれます。
薄毛の悪玉ホルモンはどこから来るのかというと、血液に混ざっているので血管の中を通ってきます。

 

英国の実験では、血行を阻害することで悪玉ホルモンが頭皮へ届く量を減らした、ということになります。

 

この実験の逆を考えてみてください。
もし、血行を促進させたらどうなりますか?

 

血行を促進させたら悪玉ホルモンもたくさん届く

 

血行促進は薄毛の原因になる

 

血行を促進させたら、より多くの悪玉ホルモンが毛根に届くことになります。
「髪の毛抜けろ」と指示を出す司令塔が増えるということになります。

 

つまり、ハゲるということです。
マッサージで血行を促進させると、もしかしたら逆効果になる可能性があります。

 

 

育毛効果はゼロだが薄毛を悪化させる可能性はある

 

上記の実験の年代も古いですし、実験内容を詳細に確認したわけではないので、『血行を促進したら100%ハゲます』とまでは言えませんが、可能性としては薄毛を進行させることは充分あり得ます。

 

少なくとも、マッサージは薄毛を予防するよりは促進させる可能性の方が絶対に高いです。

 

育毛のため、発毛のために一生懸命にマッサージをされている方は、その習慣を見直してください。

 

 

なぜ頭皮マッサージは薄毛対策に効果があると言われるのか?

 

なぜマッサージに育毛効果があると言われるようになってしまったのでしょうか?

 

理由は3つあります。

  • すぐできるから
  • 何となく意味がありそうだから
  • 育毛サロンが植え付けたイメージ

 

理由@すぐできるから

 

手軽に薄毛を治したい人が大半

 

薄毛が気になり始めたばかりの方、AGAの知識があまりない方はできるだけ手軽な方法で治したいと思いますよね。

 

お金もかからないで自分の手で頭皮をマッサージして薄毛が治るなら、それに越したことはありません。
私もマッサージで治るなら、やりたいです。

 

でも、現実は違います。
マッサージで薄毛は治りません。

 

 

手軽な『マッサージ育毛』なら視聴率が取れる

 

テレビ局は視聴率がとても大事ですよね。

 

「薄毛を気にする人が多いから薄毛を治す特集をやろう」と思っても、「薬を飲めば治ります」では身も蓋もありません。
普通に本当のことを放送していては、視聴率が取れません。

 

TVを見ながらできるマッサージの発毛法なら、視聴率が取れるかも?という発想になるわけです。
「髪の毛が増えるマッサージ方法はCMの後」と言ったら、CMをまたいで見てしまいますよね。

 

そうすると視聴率が上がってスポンサーは喜びます。
泣きを見るのは、そのテレビを見て内容を信じてしまって実際にマッサージをする視聴者です。

 

 

手軽な方法を紹介することでアクセスを稼げる

 

ネットの情報も同じです。
アクセス数が収益に比例しますので、手軽な方法を紹介する方がサイト運営者は稼ぐことができます。

 

 

『それっぽい嘘情報』がネットで増殖している

 

ネットの記事を書いている人も悪意があるわけではありません。
知識が不足しているからです。

 

嘘を書いているという意識はないでしょう。
よそのサイトの内容をそのままコピペしないまでも、どこも似たような情報を載せています。

 

インターネットでは、それっぽいけど間違った情報がどんどん増殖している状態です。

 

 

理由Aなんとなく意味がありそうだから

 

フィナステリドを飲んでもすぐには何も起きない

 

こちらのサイトでは『薄毛を治すためにはフィナステリドを飲んでください』とお伝えしていますが、飲んでもすぐには何も起きないですよね?
体調の変化は起きません。

 

『頭皮が活性化してきた』という感覚もありません。
効果が現れるのは、3ヶ月後から半年後です。

 

 

マッサージは触られた感触がある

 

マッサージだったら、頭を触られているという感触があります。

 

鍼灸なども一緒ですよね。
効果は証明されてはいないけど、鍼が体に刺さっているから何か体に影響を及ぼすだろう、と考えてしまいます。

 

 

効果がないのに『治りそう』という錯覚を起こしてしまう

 

イメージの問題であって科学的に効果があるのかというと、ありません。
マッサージは効きそう、という錯覚です。

 

 

理由B育毛サロンが植え付けたイメージ

 

過去に育毛サロンが植え付けたイメージで、マッサージが薄毛に効果があると思ってしまっています。

 

育毛サロンとは

  • アデランス
  • アートネイチャー
  • リーブ21

若い方はご存じないかもしれませんが、この3社はTVコマーシャルをかなり流していました。
90年代から2000年初頭の頃ですね。

 

 

2005年まで薄毛(AGA)は『治らないもの』だった

 

フィナステリドが米国で作られたのが1997年です。
日本に導入されたのが2005年ですから、それまでは薄毛は治らないものでした。

 

その時の技術では、AGAによる薄毛は治りませんでした。
薄毛に悩んでいる人は当時も多かったです。
そこに付け込んで商売にしたのが育毛サロンです。

 

 

育毛サロンに行った実体験

 

実は大学生のときに育毛サロンの無料ヘアチェックというのに行ったことがあります。

 

カウンセリングを受けて、マイクロスコープで頭皮の写真を撮られました。
その写真を見せられて「皮脂が毛穴に詰まってますね」「毛穴から生えている髪の毛の本数が少ないですね」とそれっぽい事を言われました。

 

 

今考えれば育毛サロンは完全に詐欺

 

「将来的に薄毛を防ぎたいなら、『ディープクレンジングコース』に入れば大丈夫ですよ」
「月々○○円です」と言われました。

 

詳細な金額は忘れてしまいましたが、高額な価格だったことだけは覚えています。
やらなくて良かったなと思います。
今考えれば、あんなの詐欺です!

 

 

本当に効果があるなら現在も同じ方法が続いているはずですよね・・・。

 

皮脂が毛穴に詰まっていようが、詰まってなかろうが、そんなのAGAには関係ありません。
当時はAGAという言葉すらありませんでした。

 

それくらい何も分かっていない状態でわかったような顔をしたスタッフが「クレンジングして皮脂を落として、マッサージで血行を良くすれば生えて来ますよ」と話していました。

 

本当に効果がある方法なら、今でも同じ方法が続いているはずですよね。

 

 

『プロが言うならマッサージは効果がある』と思ってしまった

 

でも、プロが言うことだからマッサージは効果があると思っていた人は多いです。

 

今振り返ってみると、育毛サロンというのは酷い商売でしたね。

 

その延長線上に今、ネットで売っている育毛剤があります。
騙されないようにしてくださいね。

 

 

頭皮マッサージは薄毛に効果なし!のまとめ

 

頭皮のマッサージは薄毛に対して何の意味もない

 

むしろ逆効果の可能性がある

 

 

では、『どうやったらAGAによる薄毛が治るのか』を知りたい方は下をご覧ください。

 

AGA治療は安くできる!225円/月で薄毛を自宅で治した方法

 

 

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

トップへ戻る