筋トレはハゲ改善に効果あり!適度なトレーニングで薄毛が治る

筋トレをすることでハゲ改善に効果があります!

 

 

筋トレでハゲるという都市伝説は間違いです。

 

もし筋トレでハゲるのなら、一流のボディービルダーは全員が薄毛になっているはずだからです。

 

ただし、適度な範囲で筋肉を鍛える必要はあります。
無理は禁物ということです。

 

 

こちらでは、ハゲを改善させるための筋トレを紹介していますので参考になさってください。

 

 

筋トレでハゲるなんて嘘!

 

筋トレが原因でハゲることはありません!

 

 

『筋トレでハゲる』は完全に嘘ですね。

 

なぜなら、男性のハゲの原因はほとんどがAGA(男性型脱毛症)だからです。
AGAになる理由は遺伝であることから、筋トレが原因でハゲるなんてことはあり得ません。

 

ボディービルダーがハゲている人ばかりではないことから明らかです。
よく考えてみたら当たり前のことですね。

 

 

ハゲる理由は遺伝以外にありません!
円形脱毛症などの特殊な病気はありますが、ハゲの9割がAGAです。

 

AGAによるハゲは遺伝が原因です。
AGAの詳しいメカニズムについてはAGA治療は安くできる!225円/月で薄毛を自宅で治した方法をご覧ください。

 

筋トレをすると男性ホルモンが増えるのでハゲる、という話をよく聞きますよね。

 

むしろ逆です。
筋トレすることでハゲを改善する方向へ導くことが可能です。

 

 

筋トレでハゲが改善できる理由

 

筋トレでテストステロンを増やすのでハゲを改善できる!

 

 

筋トレだけでハゲ(AGA)が治ることはありません。
AGAは治療薬を飲まないと治りません。

 

ですが、AGA治療中に筋トレをすることで、AGA治療のサポートをすることはできます。

 

 

AGAは遺伝なのですが、ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)が増えることでハゲます。
ジヒドロテストステロンはテストステロンが変化して発生します。

 

じゃあ、テストステロンを少なくすればハゲの原因であるジヒドロテストステロンを減らせるかといえば、そうではありません。

 

テストステロンは筋肉などを作るのに必要なホルモンで、男性が男性らしくあるために必要です。
テストステロンが足りないときに、体が要求してテストステロンをより強力なジヒドロテストステロンに変えてしまいます。
テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させた副作用としてハゲてしまいます。

 

ということは、テストステロンを常に多い状態にしておけばジヒドロテストステロンは必要ないので、ハゲる原因のジヒドロテストステロンは発生しないということになります。

 

 

どうすればテストステロンを増やせるかというと、筋トレです!

 

 

ハゲを改善させる筋トレ方法

 

  • やりすぎはNG
  • 2日に1回、軽く筋肉痛になる程度
  • 自宅でOK

 

 

単に筋トレをガンガンやればハゲを改善できるのか?といえば違います。

 

筋トレをすればテストステロンを常時高いレベルで維できそうですが、やりすぎてしまうと逆効果になります。

 

 

過度に筋トレをしてしまうと筋肉を作るために必要なテストステロンが欠乏し、テストステロンがジヒドロテストステロンになってしまいます。

 

ジヒドロテストステロンが増えてしまっては逆効果です。
ハゲが進行してしまうほどではありませんが、ジヒドロテストステロンを増やすのはハゲを改善させるためにはよろしくありません。

 

 

そのため、適度な頻度で筋トレをする必要がありますが、どの程度が良いのかというのは個人差があります。
筋トレの効率的な頻度が2日に1回ですから、毎日ではなく1日おきに少し筋肉痛になるくらいは頑張りましょう。

 

トレーニングジムにまで通う必要はありません。
自宅でできる範囲で筋トレすればOKです。

 

テストステロンを増やすのが目的なので、特に筋トレのメニューはありません。
腕立て伏せや腹筋運動だけでも大丈夫です。

 

でも無理をしてはダメです。
翌日、軽く筋肉痛になる程度というのがポイントです。

 

 

筋トレはハゲ改善に効果あり!のまとめ

 

  • 筋トレでハゲは進行しない
  • テストステロンを増やして薄毛を改善できる
  • 適度な筋トレがハゲを改善させる

 

上にも書きましたが、AGAは遺伝によるものなので基本的に薬で治療しなければ治りません。
しかし、適度な筋トレでAGA治療のサポートをすることができます。

 

さあ、あなたも今日から軽い筋トレをはじめて、気になるハゲを改善させましょう♪

 

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

トップへ戻る