ミノキシジルの副作用を避ける方法は簡単!ミノタブは飲むな

ミノキシジルの副作用を避けるには、ミノタブを飲まないでください!

 

ミノキシジルの内服薬には副作用があります。
ミノキシジルは飲まないで、塗り薬を使ってください!

 

 

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用は深刻

ミノキシジルを飲むのは非常に危険です。
副作用が怖いからです。

 

初期脱毛より副作用を心配すべき!

ミノタブは副作用が怖い!

 

ミノキシジルの初期脱毛を気にするよりも副作用を心配するべきです。
初期脱毛を発症する人は、飲むタイプのミノキシジル(ミノタブ)を服用しています。

 

ミノキシジルの初期脱毛については、こちらをご覧ください。
ミノキシジルの初期脱毛が怖いなんて嘘!理由は単純

 

 

こちらのサイトでは、ミノキシジルは外用(塗り薬)を推奨しています。
飲み薬のミノタブはおすすめしていません。

 

なぜなら、ミノタブは副作用が怖いからです。

 

ミノタブには様々な副作用がある

ミノタブは非常に多くの副作用があります!
  • 血圧低下
  • 心拍数増加
  • 胸の痛み
  • 呼吸困難
  • うっ血性心不全
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 過度な体重増加
  • 手足のむくみ

 

薄毛治療でミノタブを認可している国はない

薄毛治療の飲み薬として認可している国はどこにもありません。

 

元々、ミノキシジルは血液降下剤として開発されたものが、塗り薬として発毛剤に転用されたものです。
『髪の毛が生えるから』という理由で、勝手に血圧降下剤を発毛剤として使っているだけです。

 

怖いのは心臓の副作用

 

ミノキシジルはそもそも血圧に関係する薬ですから、心臓への副作用が最も怖いですよね。

 

こちらのサイトでは、フィナステリドの副作用は気にしなくても良いとお伝えしていますが、ミノキシジルの副作用が怖ろしい理由はたくさんあります。

 

フィナステリドの副作用については、こちらを参考にしてください。
フィナステリドの副作用は気にしなくて良い理由

 

 

 

ミノタブの副作用を危険視する理由

 

ミノタブ(ミノキシジルの内服薬)を危険視しなければならない理由はたくさんあります。

 

日本では血圧降下剤としても承認されていない

日本では本来の用途としてもミノタブは認められていない

 

ミノキシジルの内服薬は副作用の危険性が高いので、どの国も薄毛治療薬としては認可していません。

 

それどころか、日本では本来の用途である血圧降下剤としても内服薬としては承認されていません。

 

世界的にも血圧降下剤として使われなくなっている

世界的に使われなくなった

 

以前は使われていたようですが、現在では世界中を見渡してもミノキシジルは循環器系の医療ではほとんど使われない成分になっています。

 

副作用の危険性が高いからです。

 

FDAが警告文

FDAもミノタブは危険と発表している

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)というところがあります。
日本の厚生労働省のようなところです。

 

FDAが『ミノキシジルの内服薬は危険』という警告文を発表しています。

 

男性型脱毛症診療ガイドラインでミノタブは最低評価

医師のガイドラインでミノタブは最低評価

 

全国の医師が脱毛症を診療するときに参考にするガイドラインとして、『男性型脱毛症診療ガイドライン』というものがあります。
薄毛専門の医師免許を持ったお医者さん17人が協議してAGA男性型脱毛症を治療するにはどういう方法を使えばいいのか?を考えて出した結果です。

 

読む対象が医者なので専門用語が多くて分かりにくいですが、ざっくり言ってしまうと
薄毛を治療するにはフィナステリドを飲んで、ミノキシジルを塗ってください』という事が書いてあります。

 

 

男性型脱毛症診療ガイドラインの評価

  • フィナステリド:A(最高評価)
  • ミノキシジル(塗り薬):A(最高評価)
  • ミノキシジル(飲み薬):D(最低評価)

ミノキシジルの飲み薬が最低評価のDとされているのは、副作用が原因です。
『安全が確立されていないので、行わないよう強く勧める』と書かれてあります。

 

 

だから、私はミノキシジルは塗るタイプをおすすめしています。

 

塗るタイプのミノキシジルの購入方法はこちらを参考にしてください。
フォリックスFR16クリームの購入方法はオオサカ堂の個人輸入

 

 

AGAクリニックはなぜ危険なミノタブを処方するのか?

でもAGAのクリニックでは、内服薬のミノキシジルを処方しているところもあります。

 

むしろ、多いです。
なぜなのでしょうか?

 

利益を最優先しているため

 

効果が高いから処方する

効果が高いから

 

副作用さえ我慢すれば、ミノタブ(飲み薬のミノキシジル)は塗り薬のミノキシジルよりも効果が高いです。
効果が出れば、薄毛に悩む患者さんはそのクリニックに継続して通院してくれます。

 

 

効果がなければ利益が出ない

クリニックの利益を出すため

 

効果がなければ、すぐに通院を止めて病院を変えられます。
患者が別の病院へ移ってしまうと、クリニックとしての利益が出ません。

 

 

 

AGAクリニックは副作用を承知で利益を優先しているので、危険なミノキシジルタブレット(飲むタイプのミノキシジル)を処方しています。

 

儲け主義ではない良心的なクリニックでは、副作用の危険が高いミノタブは処方していません。

 

 

ミノタブをおすすめしない個人的理由

 

ミノタブ(ミノキシジルの飲み薬)をおすすめしない個人的な理由を説明しておきます。

 

ミノタブは危険だから

 

私自身がミノタブを使わなかった

 

私はミノタブを使ったことがありません。
ミノタブを飲んだことがある人の意見を聞くと効果があるようですが、私は使ったことがないので、使ったことがない物をあなたにお勧めすることはできません。

 

私にとって重要なのは、私の体験です。
私はミノキシジルタブレットを飲まなくても、薄毛は治りました。
ただ、ミノタブを飲むことを試していないので、実際に私の体に副作用が出るかどうかは分かりません。

 

あなたにとって重要なのは、あなた自身の体験です。

もし、あなたがミノキシジルタブレットを飲もうと思うなら、それなりの副作用を覚悟しておいてください!

 

 

ミノキシジルの副作用を避ける方法まとめ

 

ミノキシジルの副作用を避ける方法をまとめるとポイントはたった2つです。

  • 塗り薬のミノキシジルなら副作用はない
  • ミノキシジルタブレットは飲まない

 

 

AGAによる薄毛は

  • フィナステリドの内服薬
  • ミノキシジルの外用薬

を使えば治ります。

 

 

それだけで本当に薄毛が治るの?と思う方は、こちらをご覧ください。
AGA治療は安くできる!225円/月で薄毛を自宅で治した方法

 

 

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

トップへ戻る