フィナステリドの副作用は気にしなくても良い理由について

 

フィナステリドの副作用が怖いから使わない!

 

この考え方は間違っています。

 

 

まず結論からお話しします。

 

結論には2種類あります。

 

無難な結論と個人的な結論です。

 

 

無難な結論

 

フィナステリドは、副作用が発症する可能性があると言われています。

 

そのため、フィナステリドの副作用が気になる方は使用しないでください。

 

 

個人的な結論

 

フィナステリドの副作用は気にしなくて良い!

 

 

今みたいな時代にこういう攻撃的な発言をすると

 

『何を言っているんだ。副作用については気にしないとダメだろ』
とか
『人の体に関わることだから、注意深くやらなきゃダメだろ』
という反論が来るだろうことは予想できます。

 

それは分かっています。

 

それでも声を大にして、フィナステリドの副作用はまず気にせず始めて欲しい、と言いたいです。

 

フィナステリドの副作用は気にしなくても良い、という理由をこれから説明します。

 

 

副作用は気にしなきゃダメだろ!と思った方も最後までご覧ください。

 

最後まで読んでいただければ、納得できるはずです。

 

 

 

市販薬の副作用は気にしない人が多いという矛盾

 

フィナステリドが原因と言われる副作用にはどのようなものがあるか、ご存知でしょうか?

 

代表的な副作用を挙げると

 

  • 男性機能の低下
  • うつ病
  • 肝機能障害
  • 脳卒中
  • 無精子症

 

などがあります。

 

マジで!?こんなにあるの?って思いますよね。

 

こんなにたくさん副作用があるんだったら、フィナステリドを使ったらヤバイじゃんと多くの人が感じると思います。

 

でも、これって矛盾していませんか?ということが私が皆さんに問いかけたいことです。

 

 

矛盾点の一つ目は、薬局で売っている市販薬の副作用は気にしないのに、フィナステリドの副作用は気にするということです。

 

 

風邪をひいたときには、薬局で薬を買いますよね。

 

何を買いますか?

 

私はパブロンを買います。

 

 

パブロンには大変お世話になってきました。

 

でも、パブロンの副作用なんて気にしたことはありません。

 

それは、パブロンには副作用はないからだ!と言う方がいるかもしれません。

 

説明書を読んでみましょう。

 

 

パブロンゴールドAの説明書です。

 

パブロンゴールドAの副作用@
パブロンゴールドAの副作用A
https://www.catalog-taisho.com/explanationbook/04513_Explanation1.pdf

 

 

『服用後、次の症状が現れた場合には副作用の可能性があるので、ただちに服用を中止し、この説明書を持って医師・薬剤師または登録販売者に相談してください』とあります。

 

どういう副作用があるのかというと、緑色の枠で囲っている部分ですが、発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、食欲不振、めまい、排尿困難、過度の体温低下、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症、肝機能障害、腎障害、間質性肺炎、ぜんそく、再生不良性貧血、無顆粒球症、呼吸抑制などがあります。

 

言葉が難しすぎて、何なのか分からない症状もありましたけど、とにかく、みんなが飲んでいるパブロンでもこれだけ副作用があるということなんです。

 

パブロンだけが特殊なのかというと、そんなことはありません。

 

 

 

もう一つ見てみましょう。

 

CMでよく見る『ルルアタックEX』の説明書を見てます。

 

ルルアタックEXの副作用@
ルルアタックEXの副作用Ahttps://www.daiichisankyo-hc.co.jp/package_insert/pdf/lulu_attack_ex_1.pdf

 

 

副作用の項目を書き出します。

 

発疹・発赤、かゆみ、青あざができる、吐き気・嘔吐、食欲不振、胃痛、口内炎、胸やけ、胃もたれ、胃腸出血、腹痛、下痢、血便、めまい、興奮、けいれん、動機、息切れ、排尿困難、目のかすみ、耳なり、むくみ、鼻血、歯ぐきの出血、出血がとまりにくい、出血、背中の痛み、過度の体温低下、体がだるい、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜性眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、腎障害、無菌性髄膜炎、間質性肺炎、ぜんそく、再生不良性貧血、無顆粒球症、呼吸抑制

 

という感じで、ルルアタックEXの副作用はパブロンより多く書かれています。

 

普段、皆さんが副作用など気にすることなく何気なく飲んでいる風邪薬や花粉症の薬などを調べてみてください。

 

だいたい同じような副作用が書かれているはずです。

 

薬局で買える医薬品はどれも同じような副作用があります。

 

パブロンやルルのように薬局やドラッグストアで医師の処方箋なしで買える医薬品のことを『一般用医薬品』というのですが、次のようなデータがあります。

 

 

 

少し古いのですが、2012年8月に厚生労働省医薬食品局が出しているデータです。

 

一般用医薬品による重篤な副作用について
一般用医薬品による重篤な副作用について(厚生労働省医薬食品局)
https://www.mhlw.go.jp/www1/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/293-1.pdf

 

 

これは、ドラッグストアで買えるような薬で、どんな副作用が何件くらい起こったのか、というデータです。

 

 

重篤な副作用だけを扱っていますので、症状の軽いものは除かれています。

 

平成19〜23年度までの5年間の間で合計1,220件の重篤な副作用が報告されています。

 

 

その中でも死亡症例、つまり亡くなってしまったという事例が24件あります。

 

後遺症が残ったというのが15件あります。

 

これを平均すると、1年間に薬局の薬を買った人の中で250人くらいに重篤な副作用が発症する、年間5人くらい死亡する、ということになります。

 

ちなみに、皆さんが気にしているフィナステリドで亡くなった方というのは、過去何年さかのぼってみてもありません。

 

フィナステリドの副作用による過去の死亡事例は0件です。

 

 

にもかかわらず、なぜ多くの人はフィナステリドの副作用を気にするのだろう?というのが、私が思う矛盾点の1つです。

 

 

 

問題意識なくお酒を飲む人が多いという矛盾

 

私が思う矛盾点の二つ目は、多くの人がお酒を普通に飲むということです。

 

何を言っているの?と思うかもしれませんが、フィナステリドの副作用の中でも結構大きく取り上げられるのが『肝機能障害』です。

 

でも、確実にフィナステリドが原因であるという肝機能障害の事例はありません。

 

医師がこれはフィナステリドの可能性が高いと言った事例が1件だけありますけれども、それもフィナステリドが原因と100%断定されたわけではなく、可能性が高いと言われているだけです。

 

 

じゃあなぜ、フィナステリドを飲むと肝機能障害という副作用が発症する可能性があるといわれているのかというと、フィナステリドを分解するのは肝臓だからです。

 

フィナステリドを飲みます。

 

その飲んだフィナステリドが血中に混ざって、フィナステリドを分解するのが肝臓です。

 

 

だから多少なりとも肝臓に負担がかかる。

 

プロペシアの説明書
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

 

よって、肝機能障害が出る可能性があるということで、フィナステリドを主成分としたプロペシアの説明書には『肝機能に異常がみられた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと』と書かれています。

 

ここまでは分かります。

 

肝臓で分解するのだから、肝臓に何か影響が出るかもしれない、というのは分かります。

 

 

でもよく考えてみると、チョットおかしいんです。

 

肝臓が分解する代表的なものと言えば何ですか?

 

アルコールですよね。

 

 

お酒、皆さん、飲みますよね?

 

そして、お酒が理由で肝臓の病気になっている人はたくさんいますよね。

 

お酒が原因であるとハッキリしている肝機能障害は多いです。

 

 

フィナステリドの1日あたりの摂取量は、多くて1mgです。

 

お酒はどのくらいでしょうか?

 

 

例えば、毎日、5%のアルコールが入ったビールの500ml缶を飲んだとします。

 

すると、その中に入っているアルコールの量は25mlです。

 

アルコールの比重は0.8なので、25ml×0.8=20g(純アルコール量)です。

 

これをmgになおすと、20,000mg

 

フィナステリドは1mg

缶ビール(500ml)のアルコール量は、フィナステリドの2万倍です。

 

 

飲んだ直後の体の変化も明らかに違います。

 

フィナステリドを1錠1mgを飲んだからといって、直後に体に何か変化が起こるかというと、何も起きないです。

 

 

アルコールを飲んだらどうなりますか?

  • フラフラする
  • 顔が赤くなる
  • 吐き気がする
  • 場合によっては記憶がなくなる

症状だけを見るとヤバイですよね。

 

 

でも、多くの人はこれを求めてお金を払ってアルコールを飲みます。

 

なのに、アルコールの2万分の1の量のフィナステリドを肝機能障害を気にして飲むことをためらうっていうのは、矛盾しているんじゃないかと思います。

 

 

お酒で怖いのは肝機能障害だけではありません。

 

急性アルコール中毒もありますし、酔ったことによって間接的に死亡事故を起こしてしまうということもあります。

 

 

2018年9月にWHO(世界保健機構)が発表したデータでは、アルコールが原因で死亡した人の数は世界中で年間300万人です。

 

これは世界の全死亡者数の5%以上です。

 

日本だけに限定しても、日本生活習慣病予防協会のホームページを見ると、アルコールが関連した死亡者数は毎年35,000人もいます。

http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/alcoholic-hepatitis.php

 

 

交通事故の死亡者数が平成29年で3694人ですので、約10倍ですよね。

 

 

繰り返しになりますが、フィナステリドを飲むことによって死亡してしまったという事例は、今のところありません。

 

にもかかわらず、多くの人はお酒は積極的に飲むのに、フィナステリドを飲むのは躊躇する。

 

これは矛盾しているなと思います。

 

 

皆さんは、過去に死亡事例がある行動ばかりをして生活しているんですよ。

 

お酒を飲むもそうですし、風邪をひいたら風邪薬を飲むもそうですし、先ほど数字を出しましたが車に乗るもそうです。

 

 

可能性としては非常に低いかもしれないけど、死んでしまう可能性がある、重篤な病気になってしまう可能性がある行動だらけの中で生きているのに、フィナステリドに関しては、そういう事例は意外なほど少ないです。

 

フィナステリドによる死亡事例に関しては0です。

 

 

 

フィナステリドの副作用情報がネットに氾濫する理由

 

さっきから偉そうに矛盾しているという話を書いてきましたが、なぜ皆さんがフィナステリドの副作用に注目してしまうのか?過敏になるのか?という理由はわかっています。

 

理由は一つだけです。

 

はっきりしています。

 

フィナステリドの副作用に過敏になる理由は、インターネットにフィナステリドの副作用の情報があまりにも多いからです。

 

『フィナステリド』って言葉をインターネットで調べてみてください。

 

フィナステリドの副作用について、非常に多くの情報が出てきます。

 

フィナステリドを検索した結果

 

これだけ副作用の情報が氾濫していたら、不安になるのはわかります。

 

でも、実際には気にするほどの副作用はなくて、風邪薬を買って飲む方がよほど危険です。

 

 

では、なぜフィナステリドの副作用情報があんなにインターネット上に氾濫しているのか?

 

その理由を今からお話しします。

 

 

フィナステリドの副作用情報がネットに氾濫する理由は、悪質な育毛剤業者によるWebマーケティングによるものです。

 

どういうことかというと、チャップアップやイクオスやブブカなどのAGAには全く効果がない育毛剤を販売している業者が、アフィリエイトという手法で強引に販売しているからです。

 

アフィエイトとは?

 

 

アフィリエイトというのは、あるサイトを経由して育毛剤が売れたら、広告主が1本について○○円という報酬をサイト運営者(アフィリエイター)に支払うという広告手法です。

 

 

あるサイトの育毛剤ランキング

 

ネットサーフィンをしていると『男性におすすめ育毛剤ランキングベスト5』などをよく見ると思いますが、あれはすべてアフィリエイトサイトです。

 

そのランキングは、単に報酬額が多い順番にならべているだけです。
騙されてはダメですよ!

 

 

8,140円の育毛剤が1本売れたら、5,500円もサイト運営者に支払われる案件もあります。

 

原価はいくらなの?って思ってしまいますね。

 

 

高額な報酬に目がくらんだサイト運営者は、本当は効果がない育毛剤を売るために嘘の口コミなどをサイトに掲載します。

 

その中で、『フィナステリドは副作用がたくさんあって危険だから、チャップ〇ップの方が安全ですよ』と売り込みをします。

 

効果がない育毛剤を売るために、販売業者とサイト運営者がフィナステリドによる副作用の不安を煽る情報をインターネット上に溢れさせてしまったわけです。

 

 

こちらのサイトもアフィリエイト収益で運営していますので、利益だけを追求すれば育毛剤などの報酬が高い案件を取り扱うべきです。
しかし、私自身がチャッ〇アップに騙された経緯がありますので、AGA治療に効果がないものは一切紹介していません。

 

 

 

フィナステリドの副作用を気にする必要がない理由

 

フィナステリドには社会的な裏付けがあるので、副作用を気にする必要がありません。

 

 

全ての副作用を包括して気にしなくていい最も大きな理由は、社会的な裏付けです。

 

AGA治療は安くできる!225円/月で薄毛を自宅で治した方法』で書いたように、フィナステリドは『男性型脱毛症診療ガイドライン』でAランクの評価をもらっています。

 

『男性型脱毛症診療ガイドライン』というのは、AGAを治療するためにどうすれば良いのかというのを17人の薄毛専門の医師免許を持ったお医者さんが協議して出した結論です。

 

これは日本国内だけの話しですが、フィナステリドは世界中で使われています。

 

 

世界中の薄毛に悩む患者さんに対して、世界中の医師が処方しているのがフィナステリドだということです。

 

フィナステリドの利用者数がどんどん増えているっていうのは、AGAクリニックが近年爆発的に増加していますけれども、この増加数を見ればわかります。

 

 

フィナステリドは流通期間も長いです。

 

フィナステリドは1997年にアメリカで認可されたのが始まりですが、日本では2005年から使われ始めています。

 

日本だけでも15年、アメリカを含めれば20年以上使われ続けている医薬品です。

 

 

20年以上使われ続けている医薬品に、もし重篤な副作用があれば、もっと大きな問題になっているはずです。

 

実際には副作用があるんだけど、それを隠しているんじゃないの?って思う方もいるかもしれません。

 

 

話しを『男性型脱毛症診療ガイドライン』に戻します。

 

その中では、ミノキシジルの飲み薬(ミノキシジルタブレット)も紹介されていますが、評価はDランクです。

 

 

理由は、副作用の危険が高いということと、安全性の確認が取れていないからです。

 

ミノタブは発毛効果としては、かなり高いはずです。

 

 

でも、副作用の問題でDランクにされているってことは、『男性型脱毛症診療ガイドライン』は副作用までもひっくるめて推奨できるか、できないかを専門家が審議した結果だと言えます。

 

その中で、Aランクのフィナステリドにそんな副作用があるとは考えられません。

 

これが社会的な裏付けです。

 

 

 

フィナステリドの副作用の症状

 

ここからは、フィナステリドの1つ1つの副作用の症状について解説していきます。

 

男性機能低下とうつ病

 

フィナステリドの副作用の中でもで最も多く報告されているのが、男性機能の低下うつ病です。

 

 

男性機能低下とうつ病については共通点があります。

 

それは『精神面の影響が大きい主観的なもの』ということです。

 

 

男性機能低下とうつ病の副作用の症状については、『プラセボ効果』(気のせい)です。

 

 

理由は、フィナステリドの臨床試験の結果を見れば分かります。

 

下がフィナステリドの臨床試験のデータです。

 

フィナステリドの臨床試験データ
https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_3y.xhtml

 

 

試験の内容は被験者を3つのグループに別けてフィナステリドを投与しました。

 

  • グループ@:1mgのフィナステリド
  • グループA:0.2mgのフィナステリド
  • グループB:「これはフィナステリドですよ」と言って渡すのはプラセボ(偽物の薬)

 

 

プラセボ:デンプンを固めて作ったりする体には何の影響もない錠剤

 

 

『性機能に関する副作用発現例数』という項目を見てください。

 

1mgのフィナステリドを投与されたグループ@は、139人中4人2.9%が副作用を発症しました。

 

0.2mgのフィナステリドを投与されたグループAは、137人中2人1.5%が副作用を発症しました。

 

 

興味深いのが最後です。

 

プラセボ(偽物の薬)を投与されたグループBは、138人中3人2.2%が副作用を発症しました。

 

 

どのグループもあまり変わりません。

 

むしろ、0.2mgのフィナステリドを投与されたグループよりも、プラセボを投与されたグループの方が副作用の発現率が高いです。

 

 

これは「今まで飲んだことがない薬をのんでいるから、体にどんな影響が出るのだろう?」と不安になって、その不安な気持ちが体に変化を起こしてしまっているからです。

 

「病は気から」というヤツですね。

 

 

気のせいで体に変化が起こるわけない!と思うかもしれません。

 

しかし、プラセボ効果というのは、実は物凄く体に対する影響が大きいです。

 

 

医療の業界でも注目されています。

 

プラセボ効果について説明すると、奥が深い話になってかなり長くなりますので、皆さんに一つだけ体験してもらいたいと思います。

 

簡単なことです。

 

 

想像するだけです。

 

レモンを想像してください。

 

みずみずしいレモンです。

 

 

レモンを包丁で輪切りにしていきます。

 

すると切り口から果汁が溢れ出してきます。

 

輪切りにし終わりました。

 

そのうちの1枚を口の中に入れます。

 

想像の中で思いきり噛んでください。

 

 

どうですか?

 

唾が出てきますよね。

 

 

『だから何だよ!』と思うかもしれませんが、これはよく考えたら凄いことです。

 

頭の中で想像しただけなんですよ。

 

物質的には何も動いていません。

 

 

もちろん何も口に入れていません。

 

にも拘らず、体に物質的な変化が起こっています。

 

 

あるいは、好きな人のことを考えると心臓がドキドキするなどです。

 

これも頭の中、脳内で思い描いただけなのに、実際に物理的に心臓が速く動いています。

 

『気のせいで体に変化が起こるはずがない』と思っていた方は、今、あなたの体に起きた変化をもう一度振り返ってみてください。

 

 

そして、1つ事例を紹介します。

 

これはあるイタリアの研究者たちの実験なのですが、心臓疾患に『アテノロール』という薬を処方された96人の男性に対する追跡調査です。

 

 

この96人は2つのグループに別けられました。

 

1つ目のAグループは、その薬が何なのかということを知らされずに「これを飲んでください」と言われて薬を処方されました。

 

もう1つのBグループは「この薬を飲むと勃起不全が起こるかもしれない」と伝えられて薬を処方されました。

 

 

その結果、どうなったと思いますか?

 

Aグループ『何の薬を処方されたか知らなかったグループ』は、勃起不全が実際に起きたのは3.1%でした。

 

Bグループ『勃起不全が起きるかもしれないと言われていたグループ』は、31.2%でした。

 

 

結果に10倍の開きがあります。

 

まったく同じ薬を飲んでいるにも関わらず、心の持ちようだけで10倍も副作用の発症率が変わることがわかります。

 

 

過去にもしかしたら「フィナステリドを服用して、勃起不全・男性機能低下が起きた」という方がいるかもしれません。

 

でも、その方たちに聞いてみたいのですが

 

フィナステリドを飲むときに、インターネットで副作用の情報を見ませんでしたか?

 

あるいはお医者さんから処方されたときに「男性機能低下が起きるかもしれないよ」という話を聞きませんでしたか?

 

 

副作用の話を事前に聞いてしまうと、心がどうしてもそっちに行ってしまって、実際には起こるはずがない副作用が発症してしまうことがあります。

 

だから、AGA治療は安くできる!225円/月で薄毛を自宅で治した方法では、フィナステリドの副作用についてはあえてあまり触れませんでした。

 

なぜなら副作用について説明してしまうと「副作用が起こるかもしれないな〜」と思いながらフィナステリドを飲んで、実際に副作用が起きてしまうことがあるからです。

 

だからフィナステリドの副作用について説明するんだったら、今回のように徹底的に副作用について『大丈夫です』ということを伝えたかったのです。

 

 

プラセボ効果というのは、主観的な症状、例えば痛みや男性機能低下などに強い影響があると言われています。

 

うつ病はどうなのか?というと、もろに主観ですね。

 

心の影響が大きいというか、もう直接的に心の病気です。

 

だから、男性機能低下とうつ病という2つのフィナステリドによる副作用については、気のせいの部分が大きいのであまり意識しすぎないことが重要です。

 

 

肝機能障害

 

次に肝機能障害についてです。

 

「アルコールとの比較」で説明した通りです。

 

実際にフィナステリドが原因による副作用で肝機能障害が起きたという事例は、ほとんどありません。

 

むしろ、お酒の方がかなり危険です。

 

 

脳卒中

 

次に脳卒中についてです。

 

そもそもなぜ、フィナステリドの副作用で脳卒中になると言われ始めたのか、不思議になるくらいフィナステリドの成分とは関係ありません。

 

フィナステリドの成分から考えても、脳卒中になるような明確な原因が全く見つかりません。

 

一応それらしい論文を見つけました。

 

その論文がこちらです。

 

 

フィナステリド服用中に若年性脳卒中を発症した2症例
https://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/054050423.pdf

 

 

『フィナステリド服用中に若年性脳卒中を発症した2症例』とあります。

 

タイトルだけ読むと「フィナステリドを飲むと脳卒中になるのかな?」と思うかもしれません。

 

 

 

しかし、この論文をよく読んでみると、脳卒中で倒れた人がたまたまフィナステリドを飲んでいました

 

そして、フィナステリドが脳卒中を引き起こす原因として推測されるとしたらこんな事ではないか?という憶測が書かれたあるだけです。

 

 

その憶測というのも、フィナステリドを飲むことによってエストロゲンという女性ホルモンの割合が若干増える。

 

エストロゲンというのは血液を固めやすくする働きがあって、血栓ができやすくなるので、それが脳卒中の原因になったのではないか?と書かれています。

 

これだけ読むと、なんだかそれっぽい。

 

 

 

でもよく考えてみてください。

 

エストロゲンというのは女性ホルモンです。

 

ということは、女性に圧倒的に多いホルモンです。

 

確かに静脈血栓症という病気は、男性よりも女性の方が発症する確率が高い病気です。

 

 

でもだからといって、女性がみんな脳卒中になるわけではありません。

 

いくら可能性が男性より高いといっても、女性の中で脳卒中になる方は極一部です。

 

 

「フィナステリドを飲むことによってエストロゲンが増えて脳卒中になるリスクが高いから怖い」と思っている方は、もし女性に生まれていたらどうするのでしょうか?

 

それだけでフィナステリドを飲むよりもずっと多い量のエストロゲンが、体の中で作られ続けるわけです。

 

 

でも世の中の女性を見渡してください。

 

「脳卒中になるかも」と不安になっている女性はいますか?

 

ほとんどいませんよね。

 

 

実際にフィナステリドを飲んで多少エストロゲンが増えたとしても、女性よりも多い量のエストロゲンが体内で生成されたら、体つきがかわってきたり、声質がかわってきたり、明確な変化が出るはずです。

 

でも、そこまでの変化が出ていないということは、女性よりも明らかにエストロゲンの量は少ないということです。

 

つまりこの論文にかかれていることは、それっぽいけども馬鹿げていますし、気にするほどのことではありません。

 

 

無精子症

 

最後に、唯一、フィナステリドの副作用の中でも気にしておいた方が良い『かもしれない』副作用というものがあります。

 

それが無精子症です。

 

無精子症とは、精子の量が減ってしまうというものです。

 

 

 

無精子症について2013年のカナダの調査があります。

 

4400人の男性不妊患者を調べたところ、そのうちの27人、0.6%がフィナステリドを使用していたということです。

 

この数字だけを見ると「たまたまじゃないのか?」と思うかもしれません。

 

ただ、その27名の患者がフィナステリドの使用を中断すると、平均11.6倍 精子の数が増えたという驚くべき調査結果がありました。

 

 

サンプル数が27人と少ないことと、フィナステリドが不妊の原因になるんだったら世界中でもっと大きな問題になっているだろう、ということも考えられますが、いろいろ疑問があるとはいえ、これがもう「丸っきり嘘だ」と言い切る根拠もないので、無精子症については「気にする必要はない」とは言えません。

 

人生に関わる大事な問題ですから、知っておいた方がいいとは思います。

 

 

ただ幸いなことにこの精子の数が減るという症状は、フィナステリドの使用を中止すれば元に戻るということも分かっています。

 

子作りをする時期は、フィナステリドの服用を中断するという形でAGA治療を続けていけば問題ありません。

 

 

ポストフィナステリドシンドローム

 

フィナステリドの副作用について、よく議論に上がるのが『ポストフィナステリドシンドローム』というものです。

 

 

ポストフィナステリドシンドロームとは、フィナステリドを飲んだときに起きた副作用が、フィナステリドの服用を中止しても継続するというものです。

 

 

ポストフィナステリドシンドロームについては、私は非常に懐疑的です。

 

なぜなら、このポストフィナステリドシンドロームで起こっている症状の多くが、うつ病や男性機能の低下、つまり、主観的な症状だからです。

 

つまり「気のせいじゃないのか?」ということです。

 

 

 

実際にアメリカでは訴訟も起きています。

 

『訴訟』と聞くと不安になる方もいるかもしれませんが、訴訟大国アメリカでの話です。

 

ハンバーガーを食べ過ぎて太ったからといってマクドナルドを訴えるような国の話です。

 

 

『病は気から』でうつ病になったとしても、それを理由に訴えてくる可能性は十分にあります。

だから、ポストフィナステリドシンドロームについてもあまり気にする必要はありません。

 

 

フィナステリドの副作用は気にしなくても良い理由のまとめ

 

長くなってしまいましたが、以上が『フィナステリドの副作用を気にする必要がない』と私が考える理由です。

でも「フィナステリドの副作用は一切ない」ということではありません。

 

万が一、何らかの副作用が発症した場合には、すぐに使用を中断するべきですし、お医者さんに相談に行くべきです。

ただ、副作用を理由にフィナステリドを使う事を躊躇するというのは、バカらしいということです。

 

 

生きていくうえで、何をするにしても絶対にリスクはあります。

 

薬局で薬を買って飲むのも副作用のリスクはありますし、車を運転するのにも事故のリスクはありますし、お酒を飲むのだっていろんな病気のリスク、死亡リスクがあります。

 

 

そして実は、薄毛のまま悩み続けるということも大きなリスクがあります。

 

これは正確な数字ではありませんが、薄毛を理由に自殺している人の数が年間300人ぐらいいるということが推測されています。

 

 

もちろん、その前段階として薄毛が理由でうつ病になってしまう方もいます。

 

これは「気のせい」ではなくて、本当に薄毛で悩みすぎてうつ病になってしまいます。

 

プラセボ効果の気のせいのうつ病を気にするがあまり、フィナステリドを使わずに本当に薄毛になってしまって、本当のうつ病になってしまったら、もう意味が分かりません。

 

 

薄毛で死ぬほど悩んでいます」という方はたくさんいます。

 

好きな女性がいるけれども、薄毛のせいで告白できない」という人もいます。

 

もちろん私も過去に薄毛だったので、その気持ちは痛いほど分かります。

 

 

そういう人たちを前にして

 

「フィナステリドを使うのは副作用があるかもしれないから、使わない方が良いよ」

 

とは私は言えません。

 

 

「ネットにはいろいろ書かれているかれど、フィナステリドの副作用は気にしないでとりあえず使ってみて」

 

私もそれで治ったから、と言いたいです。

 

実際、私はフィナステリドを2年くらい飲み続けていますが、副作用を感じたことは一切ありません。

 

もし体に異変が起きて「おかしいな」と思ったら、その時点で使用を中断すれば良いし、お医者さんに相談に行けば良いです。

 

 

フィナステリドが理由で死亡したという事例は、幸いなことにありません。

 

無精子症にしても、フィナステリドを飲むことをやめれば精子の量は回復します。

 

 

20年以上も前から政界中で何百万人も使ってきている薬です。

 

取り返しのつかないようなことが起こる可能性は、極めて低いと考えられます。

 

 

もちろん、これは強制しているわけではありません。

 

こちらのサイトもたくさんあるインターネット上の情報の中の1つです。

 

 

だから私が説明していることを頭から「そうなんだ」と信じてしまうのもダメだと思います。

 

「本当にそうなのかな?」と疑って自分の頭で考えて「これなら大丈夫だ」と思った状態で、始めてもらうのが一番です。

 

こちらのサイトで説明したデータとか論文というのは、全てリンクしているかURLを併記していますので、ひとつひとつ、もし可能だったら確認してみてください。

 

 

そして、自分が納得した上でフィナステリドを使ってみてください。

 

以上です。

 

最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

 

 

フィナステリドの購入はこちらを参考にしてください。
↓↓↓
フィナロイドの購入方法はオオサカ堂で個人輸入代行を依頼する

トップへ戻る