AGA治療は安くできます!月225円で薄毛が自宅で治る方法を紹介します。

AGA(男性型脱毛症)は絶対に治ります!
クリニックへ行けば確実に治ります。

 

ただし、クリニックでは高額な治療費が必要です。

 

湘南美容クリニックを代表するようなクリニックか皮膚科へ行けば、AGAは必ず改善されます。
でも、治療費に少なくとも毎月2万円は覚悟してください。
各クリニックのHPを見れば分かりますが、様々なオプションを付けると5〜10万円かかることもよくあります。

 

1年間に数十万〜100万円を超えることだってあります。
高いですよね。
AGAによる薄毛は病気ですが健康保険が利かないので自由診療となり、治療費は全額個人負担になるからです。

 

でも、安心してください。

 

AGAを自宅で安く治療する方法を紹介します。

1ヶ月225円でOKです。

 

 

下は私のAGA治療経過の写真です。

 

AGA治療経過
【AGA治療前】
AGA治療前(治療を始めたとき)の写真を見るのは、今でも辛いです。
地肌が白く見えて、スカスカ状態です。
髪の毛がかなり細くて弱々しいのが分かります。

 

私の場合は、特に頭頂部が薄くなっていましたから、鏡に写った自分の姿を普通に見ても気付きにくかったんです。
初めて自撮りした頭の画像を見たときには、とても衝撃的でした。
ゾッとしたのとなぜか情けない気持ちになってしまいました。

 

 

【AGA治療1ヶ月後】
治療1ヶ月後の写真は、見た目は治療前とあまり変化がありませんが、髪の毛にハリが出てきました。

 

 

【AGA治療2ヶ月後】
治療2ヶ月後の写真では、見える地肌の面積が少なくなっているのが分かりますね。
写真では分かりにくいですが、産毛が生えてきました。

 

 

【AGA治療3ヶ月後】
治療3ヶ月後には、地肌があまり目立たなくなる程度にまで回復しました。
髪の毛1本1本がしっかりした太さになりました。
この時期には鏡を見るのが嬉しくて、洗面所の鏡と手鏡を使って自分の頭頂部を見てニタニタしていました。
自信を取り戻すこともできました。

 

 

この方法を知る前は、私も薄毛に悩んでいました。
多くの方に、薄毛を安くお金をあまり掛けないで治す方法を知って欲しいです。

 

以下は私の体験談です。
参考にしてください。

 

 

夏休みにプールへ行くと小学生の娘に
「お父さんの頭、カッパみたいw」と言われました。

 

娘は濡れた私の髪の毛がペシャンコになったのを見て、カッパの頭みたいと思ったようです。

 

ショックですよ。
うすうすは自覚していたのですが、娘にハゲていることをハッキリ言われるのは、正直辛かったです。

 

30代でハゲちゃうなんて。
いつまでもカッコイイお父さんでいたいのに、カッパみたいwと言われてからは、娘の参観日に行くのも嫌になりました。
毎日、シャンプーのときの抜け毛を見るたびに気分はブルーになるばかりでした。

 

 

ハゲを治したいと思いましたが、病院へ行くことはできませんでした。
毎月数万円も薄毛治療に使うほどお金に余裕がないからです。

 

 

でも、このままハゲるのは嫌だ!!

 

そこで、ネットで調べて一番売れている育毛ローション(チャップアップ)を購入してみました。
1年間ほど使い続けましたが、全くダメでした。
髪の毛が増えたり太くなったりすることはありませんでした。

 

結果として、10万円以上も無駄にしました。

 

 

それもそのはずです。
AGAには男性ホルモンが関係しているからです。

 

 

育毛ローションには、男性ホルモンをどうこうする成分は入っていません。
だから、育毛ローションなんかではAGAは治りません。

 

 

AGAが男性ホルモンと関わることは、こちらに書いてありました。
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン
皮膚科医が病院でAGA(男性型脱毛症)の患者を診察する際に使用されるガイドラインです。

 

あっ、『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』を読んでみてもいいですけど、開いた瞬間に閉じたくなりますよ。
医者が読むために書いてあるので、一般人の私たちが読んでも意味が分かりません。
がんばって理解しようとしましたが、私もすぐに閉じましたw

 

そこで医師である友人O氏に頼んでやさしく解説してもらいました。
O医師は地方自治体の総合病院に勤める内科医です。

 

 

とても長い前置きになりましたが、O医師に解説してもらった『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』の内容、そのガイドラインに沿ったAGA治療を月225円で実践する方法をこちらで紹介します。

 

 

AGA治療が安く自宅でできる理由

 

AGAには、はっきりとしたメカニズムがあります。
それはインターネットによく書かれている

  • ストレス
  • 食生活
  • シャンプー

などはまったく関係ありません。

 

AGAは体内の悪玉ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン)が原因です。

 

 

病院では、悪玉ホルモンをコントロールする薬でAGA治療を行います。

 

同じ薬を使うことで、自宅で簡単にAGA治療が可能です。

 

 

薄毛は体内のホルモンが原因

 

AGAによる薄毛はホルモンが原因で起こります。

 

インターネットの情報では、「ストレスが原因だ」とか「睡眠不足が原因だ」とか「シャンプーが原因だ」とか「食生活が原因だ」とか言われますが、それらは全て薄毛とは関係のない要因です。

 

 

薄毛の原因は悪玉ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン)です。

 

 

悪玉ホルモンDHT:ジヒドロテストステロンとは

 

男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、その中にテストステロンというホルモンがあります。
テストステロンは、男性の筋肉を作ったり、男性らしい思考を作ったりという働きをします。

 

テストステロン自体が、何か悪い働きをするということはありません。

 

しかし、テストステロンが血液に乗って前頭部や頭頂部の毛根に運ばれると、毛根の中に存在する5αリダクターゼという還元酵素と結合します。
すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という、強い働きの男性ホルモンへと変化します。

 

このジヒドロテストステロンが、薄毛の原因ホルモンです。

 

 

DHTがヘアサイクルを短縮

 

ジヒドロテストステロンは、毛根の細胞核の中に入るとTGF-βという脱毛促進因子を発生させます。
TGF-βが発生すると、その毛根から生える髪の毛は本来の成長期間を全うすることなく、数ヶ月で抜けてしまいます。

 

本来男性の髪の毛の寿命は3年から5年ですが、このヘアサイクル(髪の毛の寿命、毛周期ともいう)が著しく短くなってしまうのがAGAによる薄毛の原因です。

 

 

毛根のミニチュア化

 

ヘアサイクルが短くなるだけであれば、全体的に髪の毛が短くなるだけで済むのではないかと思われるかもしれません。

 

しかし、 短期間で抜けては生えて、抜けては生えてを繰り返すと、毛根自体のサイズがどんどん縮小していきます。
これを「毛根のミニチュア化」といい ます。

 

 

そして、目に見えないほどの細さの髪の毛になり、成長スピードも遅くなる上に数か月で抜けてしまうので、外から見ただけでは、 そこに髪の毛が生えていることすらわからない状態になってしまいます。

 

 

AGAのメカニズム

 

AGAのメカニズムについて説明してきましたが、一度まとめておきます。

 

  • ストレス、食事、シャンプーなどは原因ではない
  • 悪玉ホルモンが原因
  1. 男性ホルモンのテストステロンが悪玉ホルモン(DHT)に変化する
  2. DHTがヘアサイクルを短くする
  3. 毛根がミニチュア化する
  4. 髪の毛が目に見えないほど細くなる
  5. ハゲる

 

 

薄毛専門医が協議して出したAGAの治療方法

 

最初に「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」の存在を説明しました。

 

では、その内容はどのようなものなのでしょうか。
一度目を通していただきたいのですが、一般の方が読んでもおそらく理解しにくいでしょう。

 

私にはさっぱり解りませんでした。(笑)
なので、友人である医師のO氏に噛み砕いて教えてもらいました。

 

以下にその内容を説明します。

 

 

私でも理解できる言葉で説明しますので、非常にザックリとした内容になります。
詳細を知りたい方は、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版をご覧ください。

 

 

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、一般的に「薄毛に効果がある」と言われている男性型脱毛症の治療方法をAランク、Bランク、Cランクという3段階で評価しています。

 

実際に現場で薄毛の治療にたずさわっている皮膚科医17人が協議した結果の判断なので、この評価は間違いがないものだといえます。
さらに、最新の薄毛治療ガイドラインなので信頼できます。

 

その内容を詳しく説明するとかなり時間がかかってしまいますので、Aランクの評価だった治療方法のみを簡単にご紹介します。

 

 

フィナステリドの服用

 

医療現場で使われる有力なAGA治療法の一つがフィナステリド、およびデュタステリドという成分が入った薬の内服です。

 

フィナステリドとデュタステリドは、ジヒドロテストステロンが発生するのを妨げる作用を持っています。
服用することによって腸で吸収され、体内で作用を起こします。

 

 

薄毛の原因を根本から断ち切る働きをする薬なので、薄毛治療を始めるにあたっての必要最低限の成分と言えます。

 

 

フィナステリドの方がデュタステリドよりも歴史が古く、使用者が多いです。
デュタステリドは 2016年から日本国内でも使われ始めた成分です。
まだ歴史は浅く、価格も高いです。

 

なので、価格的な側面や実績の面から、フィナステリドをおすすめします。
私自身、フィナステリドで十分に育毛効果を実感しています。

 

 

フィナステリドとデュタステリドは、女性は使用してはいけません。

フィナステリドとデュタステリドはホルモンに影響する薬ですので、妊娠中の女性や妊娠を希望している女性が飲むと胎児に悪い影響を与える可能性があるからです。

 

授乳中の婦人が摂取することもNGです。
皮脂吸収もするので女性は触れないようにしてください。

 

 

ミノキシジルの外用

 

AGA治療のもう一つのAランク評価が、ミノキシジルの外用です。

 

ミノキシジルという成分は、もともと血圧降下剤として開発されました。
しかし、研究途中で薄毛にも効果があることが分かり、育毛剤として転用されるようになりました。
有名なものだと「リアップ」や、最近発売になった「メディカルミノキ 5」に配合されています。

 

ミノキシジルは、 頭皮に塗ることによってその成分を毛根まで浸透させ、髪の毛をつくる工場である毛母細胞の働きを活性化させます。

 

髪の毛の成長と毛根の拡大化を助けてくれます。

 

ただし、ミノキシジルの外用薬だけを使用していても、ジヒドロテストステロンは発生し続けますので「少し成長した後で、すぐにまた抜ける」というヘアサイクルは変わりません。

 

そのためミノキシジルの外用薬は、 フィナステリドやデュタステリドの内服薬と併用することによって、初めて効果がある成分といえます。

 

ミノキシジルは外用薬(塗り薬)として使ってください。

内服薬(飲み薬)として使うと副作用が怖いからです。

 

ミノキシジルは、もともと高血圧のための経口薬として開発されました。

 

そのため

  • 低血圧
  • 胸の痛み
  • 頭痛

などの副作用があることが分かっています。

 

ミノキシジルを飲み薬として使うと髪の毛は濃くなりますが、体中の体毛も濃くなるという副作用もありますので、外用薬として使うことをおすすめします。

 

 

フィナステリド+ミノキシジルが病院で行われるAGAの治療方法

 

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」にはその他にも様々な治療方法の可能性が紹介してありますが、いずれも医学的根拠や臨床試験データに乏しく、すべてB評価以下になっています。

 

そのため、現段階でこれらの育毛方法をおすすめするのは得策ではないと考えますので、こちらでは紹介しません。

 

  • フィナステリドの内服薬:薄毛の原因となる悪玉ホルモンを発生させない効果
  • ミノキシジルの外用薬:毛根を太くし、髪の毛の成長を早める効果

この2つを併用することが最も確実なAGAの治療方法です。

 

 

フィナステリドとミノキシジルの2つの薬はクリニックへ行かなくても購入することができます。

 

しかも月に225円で購入する方法があるので、AGAは安く自宅で治療することが可能であると言えます!

 

 

AGAが月225円で治った方法

 

自宅で格安なAGAの治療方法を3つのレベルに分けてご紹介します。

 

  • 維持・ゆっくり発毛(レベル1)
  • 早めに発毛(レベル2)
  • 最速で発毛(レベル3)

の3レベルがあります。

 

基本的には、病院で行われる治療法をそのまま家庭の中で再現できるようにしたものです。

 

 

ただし、一般の方が「フィナステリドが配合された医薬品を購入しよう」と思った場合、どんなに安くても、1ヶ月に6000円以上は費用がかかってしまいます。

 

 

こちらでは、月々にかかる費用を225円程度に抑えて、継続していける治療方法を紹介します。

 

また、AGAクリニックで施術される、育毛メソセラピーに関しても、2000円程度で実施できる方法をお伝えします。

 

育毛メソセラピーとは、AGAクリニックで行われる補助療法です。
薄毛に有効な成分を頭皮に直接注入する治療方法です。
効果は高いですが、1クール(10回程度)で数十万円するのが一般的です。

 

 

レベル1:維持・ゆっくり発毛

 

AGAで薄毛になり始めたばかり、現状を維持したい、ゆっくりと発毛させたい、あるいは将来的な薄毛を予防したいという場合に使っていただける治療方法です。

 

また、この後に紹介するレベル2、レベル3の治療方法でも併用していく基本の治療法です。

 

フィナロイド 1日 1/4錠(0.25mg)を決まった時間に飲む
【月々の費用】約225円

 

 

フィナステリドの内服のみを使用します。

 

フィナステリド:薄毛の原因となる悪玉ホルモン(ジヒドロテストステロン)を阻害する成分

 

 

必要なものは個人輸入のサイトで購入します。

 

フィナロイドの購入方法はこちら。
↓↓↓
フィナロイドの購入方法はオオサカ堂で個人輸入代行を依頼する

 

フィナロイド1mg100錠

 

こちらの「フィナロイド」というフィリピンのロイドラボラトリーズ社が発売している、フィナステリドが配合された医薬品を購入します。
「プロペシア」のジェネリック医薬品です。

 

クリニックでは通常、プロペシアを処方されます。
プロペシアは安くても1ヶ月分が6,000円くらいはします。

 

フィナロイドはジェネリックなので安いです。
もちろん、成分は同じなので効果は同じです。

 

フィナロイドは30錠入りではなく、1r100錠入りを購入してください。
価格は為替によって若干値動きがありますが、3000円前後で購入する ことができます。

 

次にピルカッターを購入してください。
100円ショップでも販売されています。

 

ピルカッターで、1rのフィナロイドの錠剤を4つに分割して使用します。

 

これを2回、十字型にカットすることで、4分割できます。

 

私はこちらのピルカッターを使っています。
フィナロイドを4分割しているピルカッター
フィナステリド(1mg)を半分にカットしたときの写真です。
もう半分ずつにカットして使います。

 

このピルカッターはピルケースも兼ねているので、1/4にカットしたフィナロイドを保管することがでるので便利です。

 

 

4分割にカットすることで、1錠のフィナロイドから0.25mgのフィナステリド配合の錠剤が4つできあがるということです。
フィナロイドは 100錠で約3000円ですから、1錠あたり約30円。
そしてそれを4分割することによって、1錠あたり7.5円で購入できることになります。

 

フィナロイド 1/4錠(0.25mg)を1日1回 飲みます。
1ヶ月では約225円ということになります。

 

 

AGAの治療を始めたら、フィナステリドの内服はずっと続けなければいけません。
60歳や70歳になって、もうハゲても良いかなと思うまではレベル1は続けてください。
止めると、ジヒドロテストステロンが増えてまた薄毛に戻ります。

 

だから、レベル1の費用はできるだけ安くする必要がありますが、月々225円なら大丈夫ですよね。

 

 

フィナロイドはできるだけ「毎日同じ時間に飲む」ようにしてください。
これは、体内のフィナステリドの濃度を常に均一に保つためです。

 

平日でも休日でも朝食はいつも同じ時間だから朝食後に飲む、というように毎日同じ時間にすることを見つけてそのときに飲むようにしましょう。
私の場合は、朝起きる時間はいつも同じなので、ベッドから出たらフィナロイドを飲むことを習慣にして飲むことを忘れないようにしています。

 

フィナロイドを毎日飲み続けるだけでも、徐々に薄毛は治ります。
また、将来的な薄毛の発症も予防することができます。

 

 

フィナステリドは1日に0.2〜1.0mgまで飲むことができますが、効果は0.2mgと1.0mgではほとんど変わらないというデータがあります。

 

フィナステリドの効果のデータ

 

上図はプロペシアの取扱説明書から拝借しました。
https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

 

●:1.0mgのフィナステリド
○:0.2mgのフィナステリド
□:プラセボ(偽薬)

 

縦軸:効果の度合い
横軸:時間経過(週)

 

12週でも48週においても、上の線と真ん中の線は同じような効果の値を示していて、1mgと0.2mgでは効果に差がないことがわかります。
私自身も0.25mg(1/4錠)でしっかり効果が出ています。

 

 

ずっと継続する必要があるので、費用を抑えることを考えると量は少ない方が良いです。

 

また、フィナステリドの副作用は怖くないのですが、毎日飲む物なのでなるべく少ない方が良いです。

 

 

フィナステリドの副作用についてはこちらをご覧ください。
↓↓↓
フィナステリドの副作用は気にしなくて良い理由

 

 

利き方には個人差もありますので、0.25mg(1/4錠)を3ヶ月ほど飲んでみてもしも効果がなければ、0.5mg(1/2錠)に増やしてみてください。

 

 

レベル2:早めに発毛

 

レベル1の「フィナロイド1/4錠の内服」に加えて、ミノキシジルの外用薬を同じく個人輸入の代理店で購入し、使用するというものです。

 

レベル1+フォリックスFR16クリームの外用 (朝と晩に塗る)

【月々の費用】約2,800円(225円+2,500円)

 

 

国内で流通しているミノキシジル配合の育毛剤、たとえば「リアップ」は、ミノキシジル5%配合、60mlで6000円〜7000円します。

 

私のお勧めは、個人輸入で購入することができるこちらの「フォリックス FR16 クリーム」です。

 

フォリックスFR16クリーム

 

フォリックスFR16クリームは、リアップやメディカルミノキの3倍以上である16%のミノキシジル配合率であり、クリームタイプなので塗りやすく、液だれが起こりません。

 

価格は2ヶ月使えて5,000円程度です。
月の費用に直すと2,500円程度になります。

 

フォリックスFR16クリームの購入方法はこちら。
↓↓↓
フォリックスFR16クリームの購入方法はオオサカ堂の個人輸入

 

 

これを毎日朝と夜の2回、薄毛部分に塗りこみます。
夜は風呂上りの頭皮が清潔な状態で塗布しましょう。

 

M字の左右に1プッシュずつ、前頭葉のセンターに1プッシュ、頭頂部(つむじ)に1プッシュ
1回の塗布に4プッシュ使います。

 

一度指にプッシュして取ってから各部に塗ると使いやすいです。
塗り込むときにマッサージをする必要はないので、患部に薄く広く塗ることを心がけてください。

 

1日で合計8プッシュ使うやり方で、1本で2ヶ月間は使えます。

 

 

フォリックスFR16クリームは粘性が高いクリームなので、気温が下がる冬場になるとプッシュしても中身が出てこなくなります。
軽く湯煎するか、暖房器具の前で少し温めると出てくるようになります。

 

※ミノキシジルは加熱しても性質が変わる成分ではありません。

 

また、量が少なくなっても出てこなくなります。
勿体ないので、マドラーや綿棒などでかき出せば最後までキレイに使うことができます。

 

 

レベル2とレベル3は、ある程度納得できるまで発毛して髪の毛が太くなったら止めても大丈夫です。

 

AGAの原因は悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロンですから、ジヒドロテストステロンを抑えるレベル1は継続しなければなりませんが、発毛を促進させるレベル2とレベル3は止めてもOKです。

 

私の場合は、6ヶ月でレベル2とレベル3は止めました。

 

 

レベル3:最速で発毛

 

レベル1の「フィナロイド4分割の内服」、レベル2の「フォリックス FR16 クリームの外用」と併用します。

 

レベル1+レベル2+週1回ダーマローラーを使用してフォリックスの塗りこみ
【 月々の費用 】約2,800円+初期費用(2,000円程度)

 

病院で行われる育毛メソセラピーと同じ施術を家庭で行うものです。

 

やり方は簡単です。
用意するのは「ダーマローラー」です。

 

ダーマローラーとは、美容を目的に使われる「肌に小さい穴を開け、再生を促進することによって美肌を保つ」という器具です。
針の長さは0.5ミリがおすすめです。

 

私はこちらを使用しています。
楽天市場で2,000円以下で購入することができます。
自宅で育毛メソセラピーできるダーマローラー

 

 

また、電動の「ダーマスタンプ」という商品もあります。
価格が少し高くなりますが(6,000円くらい)、狭い範囲で小さな穴を開けることができます。
ダーマスタンプでも育毛メソセラピーできる

ダーマローラーの頭皮への使い方

 

ダーマローラーの使い方は簡単です。

 

薄毛が気になる部分に転がして刺激し、皮膚に極小の穴を開けるだけです。
穴を開けるといっても、激しい痛みが伴うものではありません。
少しチクチクする程度です。

 

少し皮膚が赤くなる程度にダーマローラーまたダーマスタンプを使用した後、そこに「フォリックス FR16 クリーム」を塗りこみます。

 

 

下の動画を参考すると分かりやすいです。

 

 

動画では横方向のみにダーマローラーを転がしていますが、縦・横・斜め方向に使うことでやり残しを防ぐことができます。

 

 

これだけで、ミノキシジルの吸収力・浸透力がアップし、私自身大きな効果を実感しました。
クリニックで育毛メソセラピーを受けると高額な費用が必要ですが、この方法なら安く費用を抑えられますし(2000円程度)、自宅で自分だけで簡単に行うことが可能です。

 

クリニックの育毛メソセラピーでは、直接頭皮に薬を入れるために注射をするので痛みが酷いです。
しかし、ダーマローラーを使う方法なら痛みの心配をすることもありません。

 

 

 

ただし刺激が強い施術になるので普段はレベル2の「フォリックス FR16 クリーム」を塗るだけにして、レベル3の方法は週に1回程度にとどめてください。

 

 

ダーマローラーの刺激で頭皮の表面がどうしても少し赤みをおびますので、週末の夜もしくは休日の朝に実施することをおすすめします。

 

施術部が痒くなる人もいるようですが、数日ですぐに治まります。
私は痒みなどの症状が出たことはありません。

 

 

また、使用前・使用後にはダーマローラーをアルコールで消毒してください。

 

ダーマローラーの消毒方法
  1. 針のローラー部を水道水の流水で洗う
  2. アルコールに浸す(20分間程度)
  3. 自然乾燥させる

 

 

AGA治療は安くできる!月225円で薄毛が自宅で治る方法まとめ

 

あとは続けるだけです!
続けることがスタートラインです。

 

月々225円で薄毛が自宅で治る方法の説明は、以上の内容です。

 

この方法に医学的な根拠があるということや、続ければ確実に髪の毛が増えるということは、読んで頂けた方には確信を持ってもらえたと思います。

 

「飲むだけ」「塗るだけ」という内容ですので、続けるのが難しいといったことはありません。

 

続ければ、必ずAGAは治ります!

 

 

薄毛というのは、人生において多くの場合マイナスでしかありません。
薄毛が治ることでプラスになるわけではなく、マイナスがゼロになるだけです。

 

あなたが見た目に自信を取り戻し、恋愛でもビジネスでも、今後の人間関係がプラス方向に働いてくれることを祈っています。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トップへ戻る